野菜ソムリエの料理教室ナビ TOP » 野菜ソムリエのレシピコンテスト

野菜ソムリエのレシピコンテスト

今月のテーマは「そらまめ」

◆プロフィール◆
マメ科ソラマメ属
春野菜が店頭に並び、食卓にも春の風を感じる季節になりました。そらまめも春に収穫が始まり、主に4月から6月にかけて旬を迎えます。その歴史は非常に古く、エジプトでは4000年以上も前から栽培されていたそうで、日本には奈良時代に伝来したのだとか。さやが天に向かうように上向きに育つ姿から、そらまめという名が付いたといわれています。全国の生産量の約1/3を占めているのが鹿児島県で、千葉県、茨城県と続き、北海道から沖縄県まで全国各地で生産されています。
そらまめは未熟な豆を調理して食べますが、大豆などの豆類と同様に植物性たんぱく質が豊富です。
また、美肌づくりや免疫力アップに欠かせないビタミンC、ビタミンK、体内の余分な塩分の排出に役立つカリウム、腸内環境を整えてくれる食物繊維など、様々な栄養素を含む、とてもヘルシーな食材です。
豆をさやから取り出すと早く風味が落ちるので、店頭で選ぶ際は、さや付きのものがおすすめです。冷凍保存する際は、豆をさやから取り出し、1分ほどゆでてから冷凍します。定番の塩ゆでは、調理の直前にさやから豆を取り出し、お歯黒と呼ばれる黒い部分に包丁で切込みを入れ、たっぷりの湯で1分半から2分ほど塩ゆでし、ゆで上がったらざるに取り、そのまま冷まします。水っぽくなるので、冷水には浸けません。
塩ゆでの他、皮をむいて素揚げや天ぷらにしたり、ポタージュスープにしたり、さやごと焼いても美味です。お気に入りの召し上がり方で、この時期だけの旬の味覚を満喫してくださいね。
主な品種
「打越一寸」、「陵西一寸」、「仁徳一寸」、「駒栄」、「三連」などの品種があります。
見分け方
さやが鮮やかな緑色で黒ずみがなく、つやと弾力があるものを選びましょう。
保存方法
収穫後おいしいのは3日間といわれるほど、鮮度が落ちやすいため、購入後はポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ入れ、できるだけ早く調理しましょう。
◆レシピ例◆
『そらまめの丸焼き』
そらまめをさやごとグリルで丸焼きにします。さやの中のわたに含まれる水分で豆が蒸し焼きになり、香ばしさもプラスされ、塩ゆでとはまったく違う新しいおいしさに。中のわたの部分は甘み成分が多いので、スプーンですくって食べても美味です。
作り方
1. そらまめをさやごと魚焼きグリルに入れ、皮が焦げる程度まで(7~10分ほど)強火で焼きます。オーブントースターでもOKです。
2. 焼きたてを皿に盛り、お好みで塩を添えます。


文:野菜ソムリエプロ 堀 基子


テーマ野菜・果物情報はこちら!!

今月のテーマ:そらまめ

  • 料理教室講師が考案!国産スパイス『石垣島ピパーツ』レシピ公開中

    独特の香りとピリッとした辛さが特徴の国産スパイス『石垣島ピパーツ』を体験した認定料理教室の皆様から素敵なレシピが届きました!
    これまでにない新しい調味料は講師にも生徒の皆さんにも好評で、メインやスープデザートまで様々なお料理に活用いただいています。
    詳しくはこちら

すべての企画を見る