野菜ソムリエの料理教室ナビ TOP » 野菜ソムリエのレシピコンテスト

野菜ソムリエのレシピコンテスト

今月のテーマは「みかん」

◆プロフィール◆
ミカン科ミカン属
この時期の定番フルーツである温州みかんの原産地は鹿児島県といわれ、400年ほど前に中国から伝わった柑橘類から偶然に生まれたのだとか。当時、柑橘類の名産地として有名だった中国浙江省温州にあやかり、この名が付けられたのだそうです。
みかんは日本の果物生産量の第1位に君臨し、収穫量のトップ3は和歌山県、愛媛県、静岡県。この3県だけで全国の約5割を占め、他には熊本県、長崎県、佐賀県など各地で生産されています。
温州みかんは主に、9~10月に収穫される極早生(ごくわせ)温州、11月から12月にかけての早生(わせ)温州、12月から収穫される中生(なかて)温州、普通温州、シーズン最後の12月下旬~3月頃に収穫される晩生(おくて)温州と、収穫時期によって4種類に分けられます。


主な品種
極早生温州は「上の早生」「日南1合」、早生温州は「宮川早生」「興津早生」、中生温州は「南柑20号」「させぼ温州」、普通温州は「大津4号」、晩生温州は「青島温州」などの品種があります。

栄養について
温州みかんの栄養成分といえば、まずは美肌や免疫力アップに欠かせないビタミンCで、100gあたり32mgも含まれています。鮮やかなオレンジ色は、体内でビタミンAとして働くカロテノイドの一種ベータクリプトキサンチンによるもので、その含有量は果物の中でもトップクラス。ビタミンAは皮膚や粘膜を健やかに保つ効果や、すぐれた抗酸化力で知られています。
また、果肉を包む袋(じょうのう膜)には食物繊維の一種であるペクチンが豊富。この袋や白い筋には、血流改善や毛細血管の強化が期待されるポリフェノールの一種・ヘスペリジンが多く含まれています。みかんを召し上がる際には、ぜひ袋や白い筋ごとどうぞ。

見分け方
切り口が小さく、果皮の色が濃く、張りがあり、重みがあるものを選びましょう。

保存方法
通気性のある場所で、3~8度が適温です。箱で購入したり、みかん狩りに行ったりして大量にあるときは、サンドイッチ、サラダ、ドレッシング、デザート、ジャムなどの料理にどんどん活用しましょう。



◆レシピ例◆
『ミカンとヨーグルトのオープンサンド』
これ一品で、ビタミンC、食物繊維、たんぱく質、炭水化物が一度に摂れる、スグレモノ簡単メニュー。
忙しい朝にぜひお試しくださいね。

作り方
1. プレーンヨーグルト100gはコーヒー用ペーパーフィルターなどを使って水切りしておく。
*前夜から作っておくと楽。分離した液体は、たんぱく質やビタミン、ミネラルを豊富に含んだ乳清(ホエー)ですので、捨てずにスープやドレッシングなどに活用しましょう。
2. お好みのパン4切れに1を塗り、はちみつ大さじ1をかけ、皮をむいて輪切りにした温州みかん2個をのせます。

                                          文:野菜ソムリエプロ 堀 基子


テーマ野菜・果物情報はこちら!!

今月のテーマ:みかん

  • 料理教室講師が考案!国産スパイス『石垣島ピパーツ』レシピ公開中

    独特の香りとピリッとした辛さが特徴の国産スパイス『石垣島ピパーツ』を体験した認定料理教室の皆様から素敵なレシピが届きました!
    これまでにない新しい調味料は講師にも生徒の皆さんにも好評で、メインやスープデザートまで様々なお料理に活用いただいています。
    詳しくはこちら

すべての企画を見る