シニア野菜ソムリエ
家庭料理
日本料理・和食
イタリア料理
おもてなし料理
野菜中心
パン
お菓子
ワイン・お酒

サロン ド アケミーナ

教室へ問い合わせる

レシピ詳細  

完成図

【テーマ】

さつま芋のりんごグラッセ (4人分)

さつま芋を、レンジのスピード料理で簡単おやつに! <約26カット分>

材料・分量

さつま芋…中1?小3本(200g)
りんごジュース…80cc
バター…小さじ1/2(2g)
砂糖…大さじ3?4(36g)
↑ストレート果汁を使用の際は
酸味が際立つのでこれより多めで!
シナモンパウダー…少々(0.7g)


作り方

1.さつま芋は洗って両端を切り捨て、厚さ1cmの輪切りか斜め切りにして耐熱容器に入れ、他の材料も加えてラップをする。竹串が簡単にスッと通るようになるまでレンジにかける。目安:500w?6分45秒、600w?5分半
(泥つきのさつま芋を使用の際は、先に20分程度水に漬けて泥をふやかしておきます)
2.蒸気などで火傷しないよう気をつけてさつま芋を別皿に取り出し、芋は乾かないようラップで覆う。
3.残ったジュースはラップをせずにレンジにかけてカラメ
ルシロップ状になるまで水分を飛ばす。様子を見て
焦がさないように!目安:500w、600w共―5分
4.2をからめる。


こだわりポイント

・さつま芋は後でかたく引き締まりますので、最初のレンジはしっかりめに、二回目のシロップ作りでは、焦げない様にキチンと見つつ時間調整してください。
・品種や鮮度によってさつま芋に含まれる水分量がちがってきます。
レンジにかける時間が足りなければ追加してください。
・さつま芋を切った時に出てくる白い液の「ヤラピン」には、腸の蠕動運動を促しお通じの改善効果が期待できます。デトックスしてダイエット。腸内環境を整えビタミンCと食物繊維たっぷりの、体にやさしい自然食のおやつでアンチエイジング!
(電子レンジは調理時間が短く、ビタミンの破損が少ないといわれています)
★わたくしのサイトはリンクフリーですが 、無断での二次使用は固くお断りしております★

教室へ問い合わせる


最近チェックした料理教室