シニア野菜ソムリエ
家庭料理
日本料理・和食
イタリア料理
おもてなし料理
野菜中心
パン
お菓子
ワイン・お酒

サロン ド アケミーナ

教室へ問い合わせる

レシピ詳細  

完成図

【テーマ】

ヘルシー! キャロットスポンジケーキ(8人分)

ベーキングパウダーを使わず卵の力と片栗粉でしっとりふわふわ♪ノンオイルで低カロリー、食物繊維も摂れてとってもヘルシー。デコレーションケーキの土台としてもどうぞ!

材料・分量

直径15センチ高さ3センチの丸型1台分
(卵を3個にして他の材料も増やすと高さ5.5センチになります)
卵黄 2個
卵白 2個
砂糖 45g
人参 中2/3本(100g)
レモンの皮のすりおろし 1/2個分(1.4g)
レモン汁 小さじ2/3(4g)
片栗粉 25g または薄力粉 50g


作り方

小さいボウルA…卵黄+砂糖の1/3
中?大のボウルB…卵白+砂糖の1/3を2回に分けて加える
1. 人参を洗ってラップに包み、耐熱皿にのせてレンジにかける。目安:600w-3?4分(竹串がスっと通るまで、焦がさない様に)。熱いので取り出してそのまま冷ましておく。
2. 材料を計量し、電動ホイッパー、ゴムベラ、スクイーザー(果汁絞り器)、おろし金などを用意する。ケーキ型にクッキングシートをしく。底面は丸く線描きしてのりしろ分を含めて大きく切り、のりしろに斜めに切込をいれる。周囲は高さ6センチ帯を作る。型にうすくバターを塗って貼り付ける。
(型紙はA4の紙2枚でも作れます。その際はバターをぬらなくて大丈夫です。)
3. 人参を皮ごとすりおろし、レモンの表皮もすりおろして加え、絞ったレモン果汁を混ぜる。人参が上手くすりおろせなかったら包丁で叩いたりミキサーにかけてください。
4. オーブンを余熱する。電気:190℃、ガス:160℃
5. 〈ポウルB〉砂糖を2回に分けて加えながら、ピンと角が立つまてしっかり泡立てる。
6. 〈ポウルA〉卵黄が白っぽく、ホイッパーを持ち上げてとろりとリボンのように折れながら落ちるまでよく泡立てる。(ホイッパーは後で使います)
7. 6に3と卵白の1/3を加え、ホイッパーの低速回転でよく混ぜ合わせます。残りの卵白と合わせやすいように、なめらかになるまで。
8. 今度は、残っている卵白のポウルに7の生地を一度に戻し加えて片栗粉も入れる。ホイッパーの低速回転で、泡をできるだけ消さないよう、全体的に混ぜ合わせる。
9. 準備しておいた型に流し込んで平らにならし、台にかるく打ちつけて大きな気泡を抜く。
10. 余熱の上がった電気オーブンで30分目安に焼く。ガスオーブンは25分目安。(竹串を中心に刺してみて、何もついてこなくなるまで。卵3個の場合プラス5分)
11. オーブンから取り出して台に落とす(型崩れ予防のショック落とし:空気を入れる作業)。型からはずし、紙をつけたまま上からふんわりラップをして冷ます。
12. 冷めたらペーパーを外す。(冷凍する場合は、ペーパーをつけたまま包装して冷凍室に)


こだわりポイント

・人参は蒸してもらってもよいです。人参を先に加熱することで、口当たりよく仕上がります。
・レモンの皮は黄色い部分だけ使います。白い部分が混ざると苦味がでるのでご注意を!
・オーブンは機種によってクセが違います。焼き時間の2/3が過ぎた頃様子を見て調整してください。
(前後左右の入れ替えや、時間調整、アルミホイルで覆うなど)
・デコレーションケーキの土台にする際は、表面にシロップ(はちみつを水で溶いたもの)などを塗ってください。
「ケーキパーティ」リンク https://www.facebook.com/WainJianDing/posts/752265018192384
・人参は流通量の多い野菜の中で、カロテンの量がダントツ!カロテンの力で活性酸素から体を守り、免疫力をあげましょう。カロテンは、表皮の下に多く含まれています。甘さもその部分が一番強いと思いますね。
★わたくしのサイトはリンクフリーですが 、第三者の権利を侵す行為、無断での二次使用はかたくお断りいたします★

教室へ問い合わせる


最近チェックした料理教室