野菜ソムリエの料理教室ナビ TOP » 山口県の料理教室 » サロン ド アケミーナ » レシピ » ラディッシュ食感!酒蒸しボンゴレスパゲッティ
シニア野菜ソムリエ
家庭料理
日本料理・和食
イタリア料理
おもてなし料理
野菜中心
パン
お菓子
ワイン・お酒

サロン ド アケミーナ

教室へ問い合わせる

レシピ詳細  

完成図

【テーマ】

ラディッシュ食感!酒蒸しボンゴレスパゲッティ(2人分)

ラディッシュは丸い根の部分だけでなく、葉も食べられます。 βカロテンやポリフェノール、両方の栄養を召し上がれ♪あさりは鉄分やビタミンB12が豊富。貧血や低血圧、妊産婦に最適です!

材料・分量

あさり 1パック
ラディッシュ(葉つき) 5個(1パック)
ニンニク 大1かけ
スパゲッティ(乾) 100g
ゆで湯 1?
ゆで塩 大さじ1/2
日本酒 大さじ1と1/3
ピュアオリーブオイル 大さじ1
コショウ ふたふり


作り方

1. 砂抜きしたあさりはザルに入れ、殻をこすり合わせて流水で洗う。ニンニクはうす切りやみじん切りにして、共にフライパンに入れる。
2. ラディッシュは根先を切落として葉はせん切りに、根は薄めのくし形に切る。(縦に1/8くらいの大きさ)共にバットなどに入れておく。
3. スパゲッティをゆでる。塩を入れた湯で表示時間より1分短く。
 ※煮詰まるとしょっぱくなるので、火加減を調整してください。
 ※塩抜きの塩水の濃さによって、貝自体のしょっぱさも変わってきます。ご心配であれば、塩の入っていない湯でゆでてください。
4. ゆでている間にソースを作る。1に日本酒を加えて貝を平らにならす。フタをして強火にかけて蒸し煮にする。あさりの口が半分は開いたら弱火にして30秒?1分待つ。
 ※2枚貝の食中毒が心配でしたら、火を切って、フタをしたままそのまましばらく蒸らしてください。
フライパンに蒸し汁を残し、あさりだけをバットなどに取り出す。あさりにフタをして保温しておく。
5. 4のフライパンにラディッシュの根を入れて強火にかけ、1?2分火を通す。
6. 5にゆであげたスパゲッティとラディッシュの葉、オイル、コショウを加えて中火で和える。塩気が足りなければ、スパゲッティのゆで汁(又は塩)を加え、水気が足りなくて炒めているようであれば水を足す。分量外の少しの砂糖でコクを足しても可。
7. 6をお皿に盛り付ける。空いたフライパンにあさりを戻しいれ少し温めなおして、盛り付け完成!


こだわりポイント

〈1人分〉 552kcal 食塩相当量 2.4g 食物繊維総量 2.7g

あさりの美味しい状態は、調度火が入った頃。
加熱しすぎると硬くなるので一旦取り出しましょう。
なお、食中毒予防の加熱温度の目安は、中心部が85℃で1分です。
まだ生きているものは半開きになり、死んでしまっているものは大きく口が開きます。口が閉じたままのものは貝を開いて中身を確認しましょう。(工程4)

ラディッシュは大きく切ると見た目が良くなり、小さく切るとスパゲッティとの一体感が出てきます。

葉は、色を鮮やかに保って愛(め)でて楽しむため、水道水で洗って刻み軽く和えるだけにとどめました。
近年の衛生的な栽培環境で、生の野菜が食べられるようになっています。

ラディッシュが手に入らなければ、ミニトマトと、味の引き締め程度のほんの少々の唐辛子で代用してください。
ぴったりマリアージュするワインのお話は、ブログ記事へ…

★わたくしのサイトはリンクフリーですが 、画像やレシピの無断での二次使用はかたくお断りいたします★


教室へ問い合わせる


最近チェックした料理教室